Top > たばこ税、増税見送り

たばこ税、増税見送り

政府・与党が12月中旬にまとめる2014年度税制改正で、当初検討していたたばこ税の増税を見送る方針を固めたそうです。
来年4月の消費税率引き上げに合わせ、日本たばこ産業(JT)などは、たばこ1箱(20本入り)あたりの販売価格を、消費増税分に相当する10~20円程度値上げする見通しで、さらなる値上げにつながるたばこ増税を同時に行うことは難しいと判断したそうです。
自民党税制調査会は21日に小委員会を開き、各省庁や業界から出ている税制改正の要望について、党の各部会からヒアリングを行ったそうです。
消費税率が引き上げられる中、たばこ税まで増税すれば喫煙者が減って大幅な税収減につながるとの見方が強まっているようで複数の幹部が「14年度税制改正では無理」と認めたそうです。
前回のたばこの値上がりでもそうとうの方がやめたと聞きました。
ですがまだまだ街を歩けばカフェのテラス席や飲食店前やたばこ屋さんの前に設置された灰皿などでプカプカと紫煙を立ち上らせている人は多く感じます。
公共の場でも許されている場所であれば文句も言いませんが、歩きタバコや禁煙区域での喫煙はものすごく迷惑になっているのが禁煙をして初めて知りました。
主人も禁煙を考えているようで増税がその後押しになってくれたらいいと思っています。
もし禁煙できない場合はタバコ代をカードローンでまかなってもいいかもしれません。
詳しくはキャッシング 増額こちらに書かれています。

関連エントリー